意志/政策イメージ

意志/政策

私にできることは必ずあります!

改革イメージ

改革

行政を見直す

これからの行政サービスの主役は基礎自治体である「市町」です。そして今の法律では、国の事業が県を飛び越してそのまま「市町」にくることはありません。国・県・市の間にある二重行政の無駄があります。「中核市」形成を促進し、県のあり方や役割を見直します。

快適イメージ

快適

公共施設等の維持
(庁舎、学校等ハコモノ、道路、橋梁等インフラ)

公共施設の老朽化対策が大きな課題となっています。更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行い、財政負担を軽減・平準化します。
そして、公共施設等の最適な配置に取り組み、将来負担を減らし、公共施設サービスを継続させていきます。

笑顔イメージ

笑顔

少子化対策

日本の夫婦の最終的な出生子供数は、1972年2.2人、2010年1.96人であり、ほぼ横ばいに推移しております。また、2010年時、男性の5人に1人、女性の10人に1人が生涯未婚となります。
今後の政策方針として、婚活パーティーなど出会いの場を創出し、少子化対策を図ります。

未来イメージ

未来

教育の充実

少子化の進展に伴い、小・中・高の再編・整備を進めなければなりません。「小学校の副担任制」や「中高一貫教育」を促進し、新たな「教育制度」の確立を目指していきます。

安心イメージ

安心

医療・介護

超高齢化・福祉の多様化に対応するために、県内の医療・介護の体制を地域連携による「地域完結型」にシフトし、安心して暮らせる新たな「医療・介護」の体制を整えていきます。

ページの先頭へ